<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏越の大祓い。 : main : かすみ弦楽ラボ at 川越ウェスタホール >>
なつに出会う @ 創徳庵

ヴィオラ奏者の大竹徹さんに呼んでいただき、

大阪のまほろば「創徳庵」にてDuoライブでした。

 

(Photo by Koichi Kishida)

 

おいでくださった皆さま、

創徳庵の岸田さん、中沢さん、宮竹さん、

ヴィオラの大竹徹さん、心よりありがとうございました クローバー


大竹さん曰く「お互い無理難題をふっかけて」kyu

フォーレの歌曲、私のオリジナルや童謡のアレンジをいくつか、

そして完全即興。

 

フォーレは本当にやればやるほど難しい、

一見さらっといけそうで、くるくる表情を変えていく、

そうくるか!という意表をつく展開が続くのです。

今後Duoで掘り下げていくシリーズになりました。

 

ヴィオラの為に書き下ろした小曲、

 

赤とんぼや朧月夜のアレンジなど。

この夜は自然回帰的な感覚で演奏していました。

 

板張りの床に裸足ですごして、

きっと創徳庵の空気がそうさせてくれたよう。

 

 

そしてなんと、

図らずも、ふたりとも真っ青な麻100%シャツ、

という、素材まで一緒な一致具合。

(Photo by Shinji Morita)

 

大竹さんとはお会いするのが人生3回目の日でしたが、
いつも会う度に何かが起こるのです。
1、2回目は自然現象だったので、今回は何かと思えば、
まさかのシャツとは顔

 

ちなみに私が着ているのはSIMPATIAという、

東京では月に一度だけオープンするオーダーメイドシャツ屋さんのものです。

ちょうど一着オーダーしたばかりなのですが、

先月熊本チャリティーライブMusic for Kumamotoで着させて頂いたこの青いシャツが、

またとっても着心地がよかったので、

今回無理をいってお借りして着させて頂いてました ひらめき

おんがく : comments(2) : - : おとのはじっけんしつ :
コメント
聴いてもらった人に「大竹は今日は楽譜を見てるやん」とびっくりされて、実は楽譜の前ではガチガチになってしまいことがバレてしまいました
また他の人にはゆみさんのピアノがすごく魅力的だったとも聞きました
多彩な世界を一晩で体験するという贅沢極まりないゆみさんとのデュオが癖になりそうです
またどこかで実現したらいいなともおもいます
ほんまに、ありがとうございました
| 大竹徹 | 2016/07/16 11:26 PM |
大竹さん、
こちらこそありがとうございました!
おもしろかったですね、またご一緒できるのを楽しみにしています、まずは10月関東実現したらいいですね、よろしくお願いいたします &#8984;
| 杉本ゆみ | 2016/07/19 10:25 PM |
コメントする