<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 涼風クインテットと花崎たえこの暦ハーブ : main : 見晴らしの丘公園 小川町 >>
涼風クインテットと花崎たえこの暦ハーブ 終了。
お盆真っ最中にも関わらず、
沢山の方にお運びいただき、ありがとうございました。

ブログを書いていた途中で手を痛めてしまい、遅ればせながら先月の楽屋さんでのライブ。


自然観と音楽、ということで24節気72候という自然の移り変わりを表す古来の暦を取り入れたライブでした。


庭で元気いっぱいハーブたちも入って素敵なアレンジ。



72候と音楽についての分かりやすい手作りリーフレットと、
和のハーブを使ってブレンドしてくれた香が入った袋。
開けるまで中が見えない、というのもちょっとイイですね。

農業を通じて出会った花崎たえこさんとは、今回お願いしたハーブアレンジと、音楽側から、どうお互いアプローチしていこうかということでいろんな話をしました。西洋と東洋の自然観の違いや、日本の自然観が生活のどういうところに出ているかなどなど。

ちょうど障子に囲まれた和室でのうちあわせ。障子が光を通す和紙でできているのも、外と内とに明確な境を作らない、人は自然の一部であるという自然観が反映されているそうです。


複数の種をまぜまぜにして持ってきてくれた実験ポット、やんちゃまき。



曲ごとにブレンドしてくれた和ハーブミスト。

8月の72候と、楽曲ごとのオリジナルブレンド

蒙霧升降 x 霧のコラール
寒蝉鳴 x セミとねこ
涼風至 x 涼風珈琲店

涼風クインテット

ゆっこさんの歌うバナナンは今日も大人気




いつものメンバー、さっと感じを掴んで映してくれる、
ベースの佐藤有介さんにギターの野津昌太郎くん。



今回お初でした、ドラマー則武諒くん、
繊細な色合いから遠くまで広がっていく力強い音空間まで、素晴らしかったー。



ありがとうございました&お疲れさまでした!
えっと、なんか男性陣は不思議なものを持っています。




また第二弾を、ひんやりした空気にあたたかさが混じり始める頃、できたらと思います   季節に恵まれた日本ならではの楽しみ、ですね。

- : comments(0) : - : おとのはじっけんしつ :
コメント
コメントする